スポンサーリンク



電卓、多機能ペン、目覚まし時計

電卓

いろいろ計算するなら、パソコンのEXCELを使いましょう。その方が記録も残るし、検算も簡単です。
ただ、ちょっとした計算でパソコンを立ち上げるのも面倒だし、パソコンがないときもあります。そんなときは電卓でしょう。

小さいものはカバンに入れておくのに便利ですが、小さすぎると使いにくく、数字のミスタイプが多くなります。また、関数電卓を使うくらいなら、最初からEXCELにすべきです。

BtoC(個人が相手の仕事)なら8桁あればだいたい足りますが、BtoB(法人相手のビジネス)なら、12桁が必須です。

この電卓(CASIO ツイン液晶電卓 MV-220W-N)は、おすすめです。
液晶部分が2つあり、1つの液晶をメモリー代わりに使えます。
メモリー機能はだいたいの電卓にありますが、使いこなすには、結構慣れが必要です。この電卓は、今何をメモリーしているか、見てわかりますので簡単に使いこなせます。

計算途中の一時保存や、商品それぞれの売上を1日の売上で割るとか、同じ数字を何度も使うような計算のとき、非常に助かります。

紹介しているのは、一番小さいタイプで1,000円以下で買えます。あなたが、財務、経理とか電卓を始終使う部署なら、もっと大きいタイプがよいでしょう。※クリックすると楽天のサイトに飛びます。

多機能ペン

筆記用具としては、シャーペン、赤、黒ボールペンの3つがセットになったものが便利。
500円くらいでコンビニでも手に入ります。1本あればそれですべて足りるので、2,3本買って、1本はカバンに入れておく。

この製品(三菱鉛筆 ユニクリップ)は、700円位ですが、クリップ部分が360度回転し、手帳やノートに簡単に挟めるので、どこにでも挟め重宝します。ちょっと大きめの文房具屋なら置いています。

目覚ましは2つ

あなたが一人ぐらしで普通の人なら、目覚ましは2つ必要です。
電池式の目覚ましは、当然のことながらいつかは電池が切れます。目覚ましの電池が切れるときは、なぜかアラームが鳴る直前で切れる。そしてあなたは寝過ごし遅刻する。

電池が切れなくても、アラームを無意識のうちに止めていることがあります。寝る前にセットし忘れたり、起きれずに止めてしまったりすることもあります。

目覚ましを2つ用意し、1つは通常起きる時間、もうひとつは出勤に間に合うぎりぎりの時間にセットし少し離れたところにおいておく。こうしておけば、電池が切れても最悪遅刻は免れるし、2つあるとセットし忘れることがなくなります。

年1回の電池交換
2つが面倒ならもうひとつは携帯のアラームで代用してもかまいません。もしあなたがきっちりしたタイプの人なら、目覚ましは1個でも大丈夫です。そのかわり毎年、正月明けでもいいし、4月1日でも、誕生日でもいいから、年1回、目覚ましの電池を交換するルールにする。

目覚まし時計の電池は、アルカリよりもマンガンの方が長持ちします。

右の目覚まし(オムロン 眠り時計)は、睡眠の周期を利用して、起きやすいタイミングで起こしてくれる目覚ましです。8,700円と高めですが、毎日、昼間眠いならこれが役に立つかもしれません。

■カバン
■ビジネスの腕時計は電波時計にすべし
■リマインダーを持とう~手帳~