スーツ、ワイシャツに時間やお金をかけたくないなら、安く、合理的にそろえるやり方があります。基本は同じものをそろえてしまうことです。スーツ、ワイシャツが同じものなら、あなたが毎日考えるのはどのネクタイにするか、だけで済みます。

スポンサーリンク



ポリエステル混毛のYシャツ、スラックスを選ぶと選択が楽になる

Yシャツはポリエステル混毛を選ぶ

Yシャツに綿100%のものを買うと、毎回アイロンをかけるか、毎回クリーニングに出さないと、洗濯するたびよれよれになる。綿100%以外のものでは、「形状記憶」とうたった商品もありますが、そう書いてなくてもポリエステルが入っていれば、大概アイロンがけが不要です。

ポリエステルの%が増える(綿が減る)ほど値段は安くなりますが、その分、綿の柔らかい風合いが無くなっていきますので好みで選びましょう。

Yシャツの色によって、スーツやネクタイに合う合わないがあります。そうしたことに煩わされたくないなら、白かピンストライプの白にしておきましょう。白に合わないネクタイやスーツはないし、白は膨張色で、あなたを大きく見せます。

クールビズなら半袖のボタンダウン

夏にクールビズを実施している会社なら、半そでのボタンダウンを買いましょう。普通のYシャツはネクタイを締めないとだらしない首元になりますが、ボタンダウンだとそれがありません。

クールビズの場合は、下着のシャツはVネックにしないと、Yシャツの下から下着がのぞくことになるので注意。

夏のスラックスは消耗品

夏はだれでも汗をかきます。汗をかけばだれでも臭います。だから当然洗う必要があります。これはスーツも同じ。

クールビズで上着がいらない人は、ポリエステル系のウォッシャブルのスラックスにしましょう。これだと洗ってもすぐに乾き、しかもアイロンなしでそのままはけます。消耗品だからお金をかける必要はありません。

せいぜい3年もてばよいので、無難なものがあれば、1本2000円程度でかまいません。3本はもっておきたい。

採寸は簡単です。今はいているスラックスの股下(股の内側の縫い目から裾まで)のサイズを測るだけです。販売しているサイズは3センチ刻みなので、迷ったら長めにしておきます。

写真は、楽天のサイトの商品です。裾上げをテープを貼って自分でアイロンがけして仕上げるものもありますが、途中でテープが剥がれて悲惨なことになります。この商品は裾上げ済なので安心です。※クリックすると楽天のサイトに飛びます。

スーツを制服にすると服装で苦労しない

着るものに関心がなく、また地味な服装を求められる仕事なら、この際、スーツを制服化してしまうことです。
やり方は簡単です。

2パンツの同じスーツを2着

2パンツ付のスーツをまったく同じものを2着買う。それだけです。柄は無地か、ごく目立たないストライプで、色は濃紺がお勧めです。上着2着、スラックス4本でローテーションしていく。ただし、ネクタイだけは毎日別のものにしましょう。

濃紺なら違和感はない

派手な柄や色のスーツでもない限り、毎日同じデザインのスーツを着ていても、誰も関心を持ちません。
毎日同じスーツでもネクタイが違えば印象がまったく変わるので、誰も変に思いません。グレーのスーツだと「あいつは毎日グレーのスーツだ」と言われるかもしれませんが、濃紺のスーツは、ごく一般的なので毎日濃紺でも全然違和感はありません。

また同じもので上着2着、スラックス4本ですので、どれかが多少傷んでも無駄なく使えます。

これを夏物と秋冬物で揃えておくと、着ていく服に迷うなんてことはなくなります。