自動車保険の特約はフクザツです。どれが必要でどれが余分か、キチット押さえておかないと、いざという時、保険に入った意味が半減します。

スポンサーリンク



必須の3つの保障と役立つ特約

車を運転するなら、自動車保険(任意保険)の加入は必須です。

ただ実際、保険を選ぼうとすると、いろいろな特約が専門用語で説明されており、どれを選べばよいのか分からなくなります。全部の特約をつけると安心でしょうが、それでは月々バカみたいな保険料を払うことになります。
自動車保険

選ぶポイントは3つです。
1.必須の保障を押さえる。
2.ライフスタイルに合わせて特約をつける。
3.信用のある保険会社を選ぶ。

1.3つの必須の保障を押さえる

自動車保険には絶対に押さえておくべき、3つの必須の保障とあると安心な特約があります。
3つの必須の保障とは、
あなたが事故を起こしたときの相手への保障((1) 対人
事故で壊れた相手の車や物などの損害への補償((2) 対物
そのときあなたの車に乗っていた人の保障((3) 人身傷害/または搭乗者傷害
の3つです。

以下は、それぞれの保障に対する目安です。
◎:必須の保障
○:できれば付けておきたい保障
△:保険料が負担にならなければつけたい保障

(1) 対人:無制限(◎)

自動車保険で対人無制限は常識です。
死傷する人は一人とは限りません。そんなところで、保障額を5千万円とか1億とかにしていたのでは、大きなリスクを残すだけです。場合によっては、任意保険に入っている意味がなくなります。

(2) 対物:無制限(◎)

これは対物賠償も同じ、3千万円あればほとんどのケースは対応できるでしょう。
でも電車を巻き込んだ事故になったり、パチンコ屋や高額商品を扱う店、繁盛店に損害を与えると多額の借金が残ることになります。3千万円でも、無制限でも保険料に大した差はありません。対人・対物は無制限でいきましょう。

(3) 人身傷害/搭乗者傷害(◎)

対人・対物が相手側に対する保障なのに対して、これは自分側を守る保障です。この保障で事故のとき、自分の車に乗っていた人、全員が保障されます。

あなたが運転中に事故にあっても、相手が無保険だったり、逃げたりするケースもあります。捕まっても支払能力がないこともあります。また自分の運転ミスによる自損事故のこともあります。
そんなときこの保障があなたや同乗者を助けてくれます。

人身傷害と搭乗者傷害の違い

搭乗者傷害保障が車に乗っている同乗者だけなのに対して、
人身傷害保障で、車内+車外にしておくと、自分や家族が別の車に乗っていて受けた事故や歩行中に受けた自動車事故も保障してくれます。

保険金が支払われるタイミングや金額に違いがありますが、搭乗者傷害保障の保障範囲は、人身傷害保障でカバーできます。
この保障は、本人、同乗者だけでなく、家族が受けた交通事故も保障されますので、あなたに守るべき家族がいるなら、人身傷害保障を付けておきましょう。
※もし人身傷害保障をつけるなら、搭乗者傷害保障は必須ではありません。

■あなたに必要な特約はこれ
■保険会社を選ぶには

スポンサーリンク