自動車保険の特約にはいろいろなものがあります。特約には付けておくべき特約とライフスタイルによって選ぶ特約があります。
特に対物超過特約と弁護士特約はつけておきましょう。

スポンサーリンク



■これは必須 3つの保障
■保険会社を選ぶには

2.ライフスタイルに合わせて特約をつける

(1)対人 (2)対物 (3)人身傷害、この3つをしっかりと押さえておけば、自動車事故で人生を狂わすような多額の借金を負うような事態は避けられるでしょう。

それでも事故に巻き込まれると、数万~数百万円単位の費用がかかります。以下の特約をつけるかどうかは、自分のライフスタイル、価値観で判断してください。

車両保険(△)

自分の車の損害のための補償です。
事故が起きても100対0で相手が悪ければ、相手の保険で車の修理はできます。ただし、相手が自賠責しか入ってなかったり、逃げたり、こちら側にも過失があったり、自損事故だと自分で修理する必要が出てきます。

それをカバーするのが車両保険です。ただし補償する金額を高くすれば、当然保険料も高くなります。

これを付ける、付けないで保険料は大きく違ってきます。保険料を安くしたいなら、車両保険自体つけないのも選択肢のひとつです。こちらの過失割合が少なければ、相手の対物保険で修理できます。また、自分でこすった程度の修理に車両保険を使えば、それだけで保険の等級下がり、来年から保険料が高くなります。

自損して大きな修理が必要なら車を買い替えればよい、と割り切る考え方もあります。

免責5万円を付ける
付けるにしても免責額を5万円とか10万円とかにすると少し安くなります。これは、免責5万円なら、5万円を超えた分の修理費用を補償してくれるものです。5万円以下で車両保険を使うと、翌年以降の保険料が上がりバカバカしいことになります。
※車両保険は、自動車事故のときだけ使えるものから、風水害による被害までカバーするものがあります。当然、カバー範囲が広くなれば、保険料も高くなります。

対物超過特約(○)

被害を受けた相手の車が古い車をチューンナップした車だったりすると対物補償の査定額では足りないことがあります。交渉は保険会社がやってくれますが100対0でこちらが悪い場合は、相手も納得しないでしょう。
そんなとき不足する額を補ってくれるものです。ただし補償額は50万円までとか、限度があるのが一般的です。

ここからは、自動車事故以外でも役に立つ特約です。

弁護士費用補償(○)

これが必要なのは、100対0の事故の被害者になったときです。こちらがに少しでも過失があれば、保険会社が相手と対応してくれます。しかし、一方的に相手が悪いときは、自分で相手や相手の保険会社と交渉するしかありません。

相手がなかなか支払わなかったり、ややこしい人のとき、この特約があなたをわずらわしい作業から解放してくれます。保険会社によっては、自動車事故に限定しないものもあります。

ロードサービス(JAF未加入なら:○)

事故時のレッカー移動から、パンク、脱輪、ガス欠、鍵の閉じ込め、など、JAFのサービスを代行してくれるものです。
無料レッカー移動の距離数など、保険会社によってサービス内容は異なりますので確認は必要ですが、JAFに加入していないなら、つけておいたほうが安心です。

個人賠償責任(子供がいるなら:○)

これは交通事故以外にも、家族が自転車で事故を起こしたとか、子供が誤って店の商品を壊したとか、文字通り個人の賠償責任が必要ないろいろなケースで役立ちます。※保険会社により、使えない事故もあります。

保険料もだいたいが安いので、あなたに子供がいるなら入っておくと安心です。

チェックリスト

特約の名称や内容は、保険会社によって少しずつ違います。
実際に加入するときには、自分が望む保障が受けられるか、保険会社に確認することをお勧めします。

(例えば)
□歩行中に事故にあっても保障されるか。((3)人身傷害)
□台風による被害も補償されるか。((4)車両保険)
□改造車にぶつけたらどうなるか。((5)対物超過)
□100対ゼロで相手が悪いときの交渉をやってくれるか。((6)弁護士費用)
□レッカーは何キロまで無料か、他にどんなロードサービスがあるか。((7)ロードサービス)
□家族が自転車で事故を起こしても保障されるか。((8)個人賠償)
□子供が店で物を壊しても保障されるか。((8)個人賠償)

■これは必須 3つの保障
■保険会社を選ぶには

スポンサーリンク